☆ 一見 しっかりしてるよな? でもでも やっぱり おとぼけて おとぼけ街道 まっしぐら ☆  

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ:日常

私は 3人きょうだい(弟2人)の一番上。
年上のきょうだいが いたらいいな?って ずっと思っていた。
20070226213951.jpg

出遅れて結婚した26歳に 
13人の兄と姉がいっぺんにできた。
そう 夫は9人きょうだいの9番目 つまり末っ子というわけだ。
長兄は74歳だが まだまだ現役で活躍している。
きょうだいが多いためか 他の親族との行き来は少ないが 
きょうだい同士はとても仲が良い。

いつ発足したのか「きょうだい会」なるものがある。
そこでは 子ども達へのお年玉 病気見舞い
成人式のお祝い その他諸々の慶事や仏事の金額が 
全てお返しなしの付合いで決めてあり 
お互い負担のない交際を続けている。

お正月は 新年を迎える前年の暮れ 
一軒幾ばくかの会費を集め その中から 
仏壇に供える花 親や子どもたちへのお年玉 
新年会の費用等を割り当てる。
何時の頃からか 一番若い(笑)我が夫が 万年幹事を担当している。

子どもたちへのお年玉は いくら正月とはいえ 大金を持つのは 
あまり好ましいことではないであろうということもあり 
年齢を問わず 当家の「きょうだい会」から18人の甥や姪たち
各人がもらえるお年玉はほんの少しで 
一人5000円にも満たない額であった。

お正月になると もらうお年玉の総額が
話題になるが 当家の子ども達には 
とんとかけ離れた別世界の話のようであった。

冬休みが明けた3学期の始まりの日 帰宅した娘たちは 
「お年玉って 少ない人でも2~3万円位集まるようだよ!」
ってなことを言っていたような。
母の私も ”そうだよな!”っと思いながらも 
これでいいんだと自分に言い聞かせた。

それでも 一番年下 18番目の我が家の娘が22歳になり 
甥も姪もみんな成人した今 
改めて見回すと みんなそれぞれに
しっかり育っている様子が うれしい!(^_^)

先週の日曜日 恒例の”きょうだい会の新年会”があった。
みんな毎年一つずつ いい年を取っているのであろう。
いい顔をしてやって来る。
そんな兄たちの頭髪も 年々後退を余儀なくされ
どの頭もこうごうしく その心のように 明るく輝いている。
宴会の中で一軒ずつが それぞれの家族の近況報告をして雑談となる。
 
男は無口と言うが 当家の男どもは
どうしてどうして おばさんキャラに溢れ
おしゃべり上手な 賑やかでお茶目なおじ(い)さん?である。
おとなしいママさん? 特別話に加わらなくても 
傍で充分楽しませていただいてます(*゚▽゚*)
特に 数人のブラックジョーカー??が座を盛り上げてくれます!!

さてさて 
この良ききょうだいたちの 頂点にいるのが
みんなの尊敬してやまない”母”なのである。
母も優しいし その子どもたち一人ひとりも 
母を大切に思っている!!(^_^)

母は明治43年生まれ 今年97歳 健在である☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penguinmama.blog81.fc2.com/tb.php/225-74215702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。