☆ 一見 しっかりしてるよな? でもでも やっぱり おとぼけて おとぼけ街道 まっしぐら ☆  

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ:おさなものがたり

きんらんどんすのおびしめながら はなよめごりょうはなぜなくのだろう♪

今の子どもたちの“大きくなったらなりたい№1“は、
女の子→食べ物屋さん
男の子→野球選手
なのだとか?・・・・・・

ママさんが小さかった頃は、
「大きくなったら何になりたい?」って聞かれると、
大方の女の子は、「お嫁さん」と答えたものだ。
ママさんもご多分に漏れず、そのお嫁さん派だった。
なぜでしょう???
あのね、ママさんが小さい頃はね、お嫁さんの支度は家でしたんですよ~
家に美容師さんがやって来て、まずお化粧から始めるんですね~
首や襟足から肩の方にまでも、真っ白々に塗り上げていくお嫁さん独特のお化粧、
ケースから出された、重いんだか? 軽いんだか? 何ともわからないかつら、
見たこともないような、きらびやかな花嫁衣裳。
肌襦袢→着物→帯と、だんだんお嫁さんが作られていく。
出来上がったお嫁さんにうっとり!! まるで別世界のお姫様のよう!!
そんな過程をじ~っと目を離さず、興味深くそばで見ていたことがあったんですよ!!

「じゃまだから、外で遊んでな~~!!」っと叱られながらも、またまた、
そっと そ~~~っと、お嫁さん見たさで忍び寄って行っちゃうのでした~

”祝言”と言っていたようでしたが、
今でいう”披露宴”も家でしていました。
だんだん、その披露宴も外の施設を利用するようになっていきましたが、
最初の頃は、当地には市民会館くらいしかありませんでした。
今はもうどこにしようか迷うほど沢山の式場があちこちにできていますね。

近所で結婚式があると、嫁いで来たお嫁さんは、
手を引かれてご近所を挨拶して回ったんですね~
すると「お嫁さんが来た~~!!」と大喜びでついて回ったりもしましたよ~

よく、こんな言葉を耳にしました。
「もらい方はうれしいけど、くれ方は寂しいね~」

・・・・・そんなわけで、なんたって、大きくなったらお嫁さんになりたかったっ!!

でも、憧れのお嫁さんになるには、
どうやらお婿さんというものが、ど~しても必要だということが
子どもながらにもわかっていたらしい・・・・・

だがら、とり合えずお婿さんを探さないと・・・・・・!!っと考えたママさん
歳もかえりみず?気に入った若い男性を見ると、
“この人のお嫁さんになる~~~!!”っと相手の承諾も得ず、いとも簡単に決めたもんだ。

花婿候補は、
叔父の友だちのMちゃん、
園や学校の行き来に声を掛けてくれる、高校生のお兄さんや会社員のけんちゃん
担任の先生たちや親戚のお兄さん、いっぱいいた!!
あきれたね~~~ 気の多い子だったこと!!

結局、勝手に選んだ何人もの花婿候補者は、ぜ~~~んぶ消え、
大きくなっていくにつれ、花嫁さんのことは、す~~~っかり忘れてしまった。

忘れているうちに、友だちは、一人、二人と、大方が花嫁さんになっていった・・・・・・
時が流れ、小さい頃憧れていた本物のお嫁さんになれたのは、26歳の時であった。

その頃、男の子たちのなりたい№1は、何だったのかな?? っとふと思った。
コメント
この記事へのコメント
姉の写真
お嫁さんですか、私には2人の姉がいますが上の姉が嫁いだときは、丁度中学生でした、誰のカメラだか覚えていませんが姉の花嫁姿を撮った覚えがあります。ネガどうしたのだろう、どこかにあるはずですが、見つかったら焼いてみたいものです。
小さいときは先生になりたかったり、板前さんになりたいと思った事もありましたが、
中学生のうちから親戚で自動車の電装のアルバイトを春休み、夏休み、冬休みとしていました。高校受験に失敗したら電装の仕事をしようと思っていたのがはっきりした目標をもった最初でしょうか。かなり消極的ですが。
高校受験では、少年自衛隊に行きたいと思った事もあったような気がします、結局、電気関係の仕事をしている親戚が多かったのでその道に決めようと思い高校受験をしました、それが良かったのでしょうね、今でもその道で糧を得ているわけですから、職種がバレバレですね。恥ずかしい事している訳ではないのでいいでしょう。
そんな訳で、志をどうにか続けているようです。
それから、メール間違ってました。仕事では感電が即命取りになるので冷静沈着を気取ってるのですが情けないですね、メール発信間違うはずです。反省。
2007/06/19(火) 20:57 | URL | やくしまホタル #-[ 編集]
お嫁さん
おめでとう!
子供の頃からの夢が叶って・・・
そうです。
私より、少し上の人達の結婚式は家でしてました。
お嫁さんを見に行くと、のり巻きとか御菓子を貰った事を覚えています。
お嫁さんは、近所の家で待機、そこに三味線を鳴らしながらお婿さん達が迎えに行きました。
昔は、情緒のある温かい、そして近所の人たちも一緒に結婚式をお祝いしていました。
懐かしい思い出を、思い起こさせてくれてありがとう(^o^)丿
2007/06/19(火) 22:21 | URL | ヒロたん #-[ 編集]
☆やくしまホタルさんへ
そのネガ、見つかるといいですね。
焼いてみたら、懐かしい昔がよみがえってきて、感無量でしょうね!
ママさんの結婚式の時、下の弟がカメラを持ち、近付いてきたんですが、
涙がボロボロとこぼれてきて、大変だったことを思い出しました。
そうですか、先生や板前さんになりたいと思ったんですね。
男の子の夢、始めて聞きました。
そんな夢も、年を経る毎に、だんだん現実実をおびてきましたよね。
メールの件、今度はしっかり送れそうですよv-289
2007/06/20(水) 00:10 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
☆ヒロたんへ
遅まきながら、やっと子供の頃からの夢が叶いました(笑)
ヒロたんの方もそうだったんですか!
家での祝言、賑やかで、みんなが参加でき楽しかったですが、
台所はたを預かる女衆は、大変な様子でしたね。
三味線を鳴らしながら、お嫁さんを迎えに行った!!
なるほど! ずいぶんと渋い、情緒のあるしきたり! 
土地々々に伝わる、めずらしいしきたりがあったんですね!! 
今は、何れも懐かしい昔物語になってしまいましたね~
2007/06/20(水) 00:36 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
小さな頃は、家で支度していましたね。
何度か見かけたことがあります。
子供心にきれいだなぁ~と思いました。
小さかった頃は獣医になりたかったです。
2007/06/20(水) 22:38 | URL | 銀次郎 #-[ 編集]
☆銀次郎さんへ
お嫁さん、きれいだったですね~
花婿さんは、今も昔も、引立て役といったところですねv-290
獣医さんに・・・でしたか・・・・・
動物もお好きだったんですね。
昔は獣医さんて、少なかった気がしますが、
今はわが町にも動物病院がたくさんでき、獣医さん達が大勢活躍しているようです。
2007/06/21(木) 00:25 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
お嫁さん
モンママちゃんの幼い頃って不思議~~
何だか映画の中みたい。
そうよね。
昔の映画。
私なんか、お嫁さんなんて知らなかった。
私は、大人になったら、
絵描きか、小説家か、どっちかになりたかった。
お嫁さんになりたいという発想は
なかった。不思議~~?
2007/06/22(金) 18:03 | URL | をちかたびと #-[ 編集]
☆をちかたびとさんへ
せっかくの結婚式の日、雨が降っていました・・・・・
  でも、嫁いだ家に”降り込められる”って、
  縁起がいいんだよ!!と聞かされました。
ある日のお嫁さんは、嫁ぎ先の家の門で、立ち止まっていました・・・・・
  見ると、物干しのように、なが~い竹の棒全体に、
  火が点いて燃えていたんです。
  その棒が、門をとうせんぼしていて、お嫁さんは、着物の裾をヨイショと
  上げて その火の点いた棒を跨がない限り家に入れませんでした。
  なぜだか聞きそびれましたが、きっとどんな困難にも負けずに
  乗り越えていくんだということだったのでしょうか??
それから、お嫁さんはうれしい日なのに泣いていました・・・
そんないくつかの光景を断片的に覚えています。
つぎあての、地味な衣類を着せられていたその頃、花嫁さんの衣装は、
見まごうばかりの、かぐや姫のような、おとぎ話の世界を見るようで、
ただただ感嘆するばかりだったんだと思います。
をちかたびとさんは、私にとったら、別世界に生きていた人。
豊かな、文化的レベルの高い環境の中にあったから、
絵描きか、小説家になりたいって思ったんでしょうね。
お嫁さんというのは、田舎の日常生活の中では、たまには見る風景の中にあるので、
女の子が「お嫁さんになりたい」と言っても不思議なことではなかったかと思います。
2007/06/23(土) 14:08 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penguinmama.blog81.fc2.com/tb.php/276-5852b72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。