☆ 一見 しっかりしてるよな? でもでも やっぱり おとぼけて おとぼけ街道 まっしぐら ☆  

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ:おさなものがたり

小さい頃は、いろ~~んなことが、こわかった~~~

お手洗いは、今のように水洗ではなく、
周りは、み~~~んな、堀便だった。
それも、家の中にあればいい方で、
農家は、庭の片隅みにある家が多かった。

農作業をしていて、汚れた履物でも気遣うことなく使用できるのに、
おばあさんなどは、それさえも面倒なのか、
“こやしば”などどいって、わらなどを高く積み上げ、
そこに、生ごみやら何やら、紙以外のゴミをとにかく何でも捨て置く、
常設ゴミステーッション?なるものが、どの家にもたか~~くなっている。
そのゴミ捨て場にひょこひょこと歩いて行き、
着物の裾を、チョロっと、たくし上げたかと思いきや、
シャ~~~っと、用足しをしているからオドロク!!

おいおい、ば~さんだって、女じゃろ~~~
かなわんな~~~

ってなことは置いといて、
だから、夜、しかも、真夜中の用足しは
取り分けこわかった~~~~~

もひとつ、こわいもの
それは、お葬式があったばかりの、お墓の所を通る時であった。

昔は、今のように斎場なるものはなく、
祝儀も不祝儀もみな、家で執り行った。

亡骸は、縦長の陶製のカメか、横長の木製のものに安置され
縄でしっかりと縛り、大きな、ふか~い穴を掘りそのまま埋められた。

ママさんの家の裏手は墓地で、そこは通学路でもあった。
でも、お葬式があったしばらくは、ず~~~っと、遠周りして通学した。

小学校の一年生の頃だったか?
学校から帰って、弟や近所の友だちと庭続きの畑で遊んでいた。
父が、も~夕方になるから、そろそろ帰るんだよ~っと迎えに来た

じゃっ かえろ~か?? っと言いながら、
ふと空を見上げたママさんが見つけたものは・・・

電信柱より、ちょっと高い~~~?
っと思うくらいなところを、ぼやぼや~っとした、
うす赤い炎のような ぼろ布のような、そんな妙なものが、
ふわふわ~~ ふわふわ~っと、東から西に向かって動いて行く・・・・・
ぼ~ぼ~と燃えているのではないので、インパクトはなかったが・・・

初めて見る、得体の知れないもの
“おと~さん!! あれって何”っと聞いた・・・・・
父も、もちろん知るわけがなかった・・・
“・・・ん~~~、もしかしたら、あれは、人魂(ひとだま)かも・・・”
っと言った。

みんな、急に背筋がゾクゾク・・・
でも、怖いもの見たさで、しーんとしながらも
西の空に消えて行くのを見送っていた・・・・・

それ以来、だ~れも一度も見ていない・・・
不思議な体験だった・・・・・・・・
コメント
この記事へのコメント
モンママさんの日記は、もう忘れていた遠い昔を思い出させてくれます(笑)
そうでした、私の田舎のおばあちゃん達も、用足しは、そんな感じでした。
のどかなのどかな時代ですね。
埋葬方法も、所変わっても同じでしたね。
幸い?身内が亡くなった時は、もう火葬の時代だったので、穴掘りは見た事がありません。
モンママさん、いろんな経験してるのですね。
2007/09/04(火) 06:55 | URL | ヒロたん #5geqIAco[ 編集]
こんにちは♪
e-63ヒロたん
住む場所は、西と東、遠く離れていても
風習などは、あんまり変わんなかったんですねぇ・・・・・
昔の思い出を手繰り寄せて、日記を書いている時は、
その頃にタイムスリップして、
懐かしい気持ちに浸っていますv-530
2007/09/04(火) 09:49 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
母も見ました
私が小さい頃も土葬でした。
母の実家の近くのお墓も殆どが土葬
母が若かりし頃、やはり同じ体験をしています。
母は、魂が親しい人にお別れに行くんだと言っていました。
母が、亡くなる時、千葉に住む息子の所にお別れに行きました。
もちろん魂で!
これが、火の玉だったかどうか??
科学では、証明出来ない事ってあるんですね。
前回のお地蔵様もね
2007/09/07(金) 11:50 | URL | 野菊 #-[ 編集]
こんばんは!!
e-63野菊さん
あの時代は、全国的に同じような埋葬だったんでしょうね・・・・・

お母様も同じような体験がおありなんですか!!
なるほど なるほど~ 
そんな謂れがあるんですね・・・・・
だから、息子さんに会いに行ったんですね・・・・・
似たような話を、身近でも耳にすることがありますよ・・・
科学的には、証明できない事だけれど
心情的には、理解できますよねe-15
怖いというより、なんだか人心地のするような気もいたしますv-349
2007/09/07(金) 18:57 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
火の玉
あはは…
モンママちゃん!
思い出したよ~~~
あのころ、街中でも、
お婆さんが、立ちションしてた~
不思議な時代だったねぇ~~
感慨深く………
で、人魂だけど、
あれは、火の玉と
私達は言ってました。
人間のリンが燃えるんですって!
私もたまに見ました。
そんなの、今はどこにも見られないですね!
いい時代だったなぁ~~~~
ありがとう!
こんなことを、思い出させてくださって!
モンママちゃん!いつまでも
私のマイミクでいてね!
2007/09/08(土) 16:24 | URL | をちかたびと #YrGnQh/o[ 編集]
こんにちは~♪
e-63をちかたびとさん
疲れはとれましたか~~ お疲れさまでした~ e-2
ママさんも、今日はお疲れさま~~って、自分に言ってま~す!!
朝から、伸び過ぎた植木の剪定を・・・ 多事に忙しいパパさん、
花壇はママが担当ねっと、分担できる所を譲ってくれたのはいいのですが?
この花壇、ピラカンを雪だるまの形に剪定したものがあり、手入れの度に
チクッと棘に痛めつけられるんです。よっしゃ~ 任されついでに、
全体を小さくしてしまえ~~ 表面積を少なくすれば、刺される可能性も
減るというものよ!!っとばかりに、50肩もなんのその、ノコギリを持ち出し、
ギーコギーコとやってたら、指に豆ができちゃいました(´へ`;
え~~~ 街中で、立ちション!!!!!
ぶったまげ~~~ 初耳でした~~
でも、それって、おばあちゃんたちにとって、
特別恥ずかしいことでもなかった時代だったんですねぇ~~
で、当地でも、人魂or火の玉、両方の呼び名があるようですよ・・・
やっぱり、見たことがあるんですか!!
不思議な臨場感?がありましたよねぇ~ 子どもながらに
畏れを感じつつ、神妙な気持ちで見送ってたことを覚えています・・・・・
こちらこそ、いつまでもよろしくお願い致しますね! 
mixiも同じ頃から始めてたんでしたよねぇ・・・ 
入ってすぐ、ビビッとをちかたびとさんビュームに惹き付けられ、
時々お邪魔し始めたんでした~e-69 もうすぐ、一年になりますね~~☆
2007/09/09(日) 17:41 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
お礼です。
火の玉
ああいった不思議なもの。
もう一度見てみたいなあ~。
また、なつかしいお話聞かせてね!
私も参考になって、思い出すことがあるの。
ありがとう!
今日はちょっと
元気になった、をちかたびとで~~す。
2007/09/11(火) 10:39 | URL | をちかたびと #YrGnQh/o[ 編集]
こんばんは
e-63をちかたびとさん
ママさんの書く日記に、よく
”ありがとう!”って言葉かけて下さるをちかたびとさん、
こちらこそ、ありがと~~~!!!ですから~~ 
をちかたびとさんが、ちょっとだけでも元気になれて、
ママさんも、本当によかったですe-2
大事業をやり遂げた後は、結構な脱力感の中にいますものね! 
ちょっとだけ、自分に付加をかけて生きるという姿勢が、
ちょっとだけ自分を前進させる、
その繰り返しで、前向きに元気に生きられるのかな??・・・そうですよね~~~
2007/09/11(火) 23:54 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
初めてお目にかかります。
娘のじょぜとお宅の娘さんがブログのやり取りをしていて・・・娘さんからお母様の事を聞いてお邪魔しました。
私はほんの2・3日前からパソコンを始めたので・・・余り上手ではありませんが??
コメントさせて頂きます。
ブログを読んで・・・うなずいたり&笑ったり、同じ世代だなーっと^-^
実家はお墓の近くにあり学校から帰る時は
毎日お墓の前を通って帰らなければなりませんでした。
怖くて怖くて~~特に誰かが亡くなられた後は、本当に怖くて走って家に帰ったものです。
今でも思い出します。
でも私は1度も火の玉と言うものを見た事はありませんでした。
まあ~ほとんど目をつぶって走ってたような???気がします。
怖かったけど・・・笑えてきます^-^
懐しい思い出です。
久しぶりに昔の事を振り返る事ができました。有難うごさいます
またお邪魔しますね!!!
2007/09/16(日) 09:51 | URL | じょぜママ #.O3ZhF5A[ 編集]
いらっしゃいませ
e-63じょぜママさま
ようこそいらっしゃいました~♪ 日頃は、娘がお世話になっております。
>ほんの2・3日前にパソコンデビュー
とおっしゃる割には、こんなに長いコメントを!!! 
すご腕ですね~ 驚きました~ 
私の友人なども、このブログ読んでてくれるのですが、
コメントを入れるのは、なかなか??っと言っております。
同じような時代を生きた者同士、共有できる思い出がありそうで、うれしいです!! 
うなずいたり&笑ったりしていただけて、よかったですv-410
そうだったですねぇ。普段でも、
お墓の所を通る時は、走って駆け抜けましたよね・・・
そんな怖かったお墓も、今では、大きなものは公園のようになっていたり、
また、大小のお墓のすぐ脇にも、民家か建ち並ぶ風景は
普通に見られるようになりました。時代も変わったものですね!
じょぜママさん自身は、火の玉を見たことがなくても、周りの方々はいかがでしたか?
きっと一人や二人は、”見たよ!”って人が居そうですね? 
人生も、半世紀以上生きてくると、何だか遠い昔のことが懐かしく思い出されます。
今日は、ありがとうございました。また是非ぜひ、いらしてくださいねv-289
2007/09/16(日) 19:25 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
こんにちは^^
お返事有難うごさいます。
まさにこの親にしてこの子あり・・・
の逆ですが?娘さんのブログ拝見してて
なかなか頭が良さそうだし&やり手さんだなーっと思っていましたが、いやいやママさんはまだまだすごい!!!
昨日の夜火の玉の前のブログをずーっと拝見させて頂いて・・・まだ全部は見終えていませんが・・・ママさんの文章の旨い事
それに記憶力がすごいこと!!!
私はあんなに細やかに、あんなに鮮明に覚えておりませんよ!
ずーっと引き込まれるように夜遅くまで読ませて頂きました。
其の中で幼稚園の思い出
シリーズ:おさなものがたり
の中のおままごとの時の話の時、ついつい
笑いが出て・・・最後には声を出して笑ってしまいました。
なんだか私の笑いつぼにはまったらしくて
其れから後は少し読んでは・・・声を出して笑ってしまい>>>失礼しました。
ママさんは頭が良い上にお笑いのセンスもあるんですね!!!
ますます気に入ってしまいました^-^
これから先のブログも又楽しみに拝見させて頂きます***
今日も懐かしい思い出に有難うですね!
2007/09/17(月) 10:52 | URL | じょぜママ #tp7nLqag[ 編集]
こんにちは
e-63じょぜママさん
またまた、うれしいコメントありがとうございましたe-2
インターネットの威力をしみじみと感じます!! 
居ながらにして、遠くの方とやりとりができるんですものね~e-337 
それも、リアルの世界では、絶対に知り合えない方々と、
こうしてお話ができるんですから、うれしいことです!! 
歳を重ね、身体が不自由になっても、
目と指が健在である限り、楽しめるんですものね~ 
私の日記、たくさん笑ってもらえてよかったです!!
日記ネタは、感心するようなものはなく、おとぼけネタばかりですが、
”笑う角には福来る”笑っていただけたら最高です!!
っと言っても、本人は至ってマジメ! 
笑いを取ろうと思っているのでは決してないので、回り、特に夫さまは、
かなり寿命を縮めているかも??なんです・・・
おとぼけというより、あり得ないドジをやらかすので、
実は、自分でも怖かったりしているんですよ!
ま~、こんな呆れた母ですが、これからも宜しくお願い致しますねv-510
2007/09/17(月) 13:21 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://penguinmama.blog81.fc2.com/tb.php/287-cf357efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。